オランダ ライデン/アムステルフェーン/ロッテルダム学びたいことがなんでも学べる学習塾

【お知らせ】対面授業再開しました!オンライン授業も併用で、わきあいあい。新しい授業の形が広がっています。
野球とHonkbal

野球とHonkbal (攻撃編)

arata

こんにちは。新です。最近クラスに新しく一人加わり話し相手が増えました!

前回僕はオランダの野球について書きました。今回は日本とオランダの野球の比較第1回目として、攻撃について比較していこうと思います。

日本ではどの年代でプレーしていても「スモールベースボール」と呼ばれるような足や小技を使用した攻撃が多用されます。特に少年時代に野球をしていたことのある方はいかに足が遅くてもバントの練習をさせられ、盗塁のサインを出されたことがあると思います。

しかしオランダでは、「ビッグベースボール」とでも呼ぶべきか、パワーでボールを吹っ飛ばすような野蛮な?攻撃がメインです。盗塁のサインが出るのは足が速い選手のみ。バントが試合で使用されるのは、この二年間で二回か三回ぐらいしか見たことがありません。ちなみに僕はチームで唯一、両方のサインがでます…

僕は日本にいた頃、散々バントの練習をさせられたので、バントだけはチームの誰にも負けない自信があります(笑)しかし、体は小さくパワーもオランダ人に比べると圧倒的にありません。なので長打を打つことはほとんどないし、塁に出たらすぐに盗塁のサインがでてきます。

今回はこのぐらいで攻撃編を終わりにして、次回は守備編を書こうかなと思っています。