オランダ ライデン/アムステルフェーン/ロッテルダム学びたいことがなんでも学べる学習塾

【お知らせ】対面授業再開しました!オンライン授業も併用で、わきあいあい。新しい授業の形が広がっています。
野球とHonkbal

野球とHonkbal

arata

みなさんこんにちは。日本の野球部ではありえないぐらい自由な夏休みが終わってしまいました。

今16歳の新です。今年から有田先生の蘭塾でDP1のジャパを受講します。唯一の同級生がイタリアにいてリアルに塾に来るのは僕一人という辛い状況なので、誰かがきてくれるのを待っています。

さて、僕は野球を10年ぐらい続けています。2年前までは日本で、その後はハーグのチームに入って、日本の野球とオランダの野球の二つを経験してきました。

皆さんの中にはヨーロッパでも野球はできるのか?と思う方もいるかもしれません。そんな方のために今回は初回ということもあるのでオランダの野球の概要を説明していこうと思います。

オランダは世界ランキング8位、ヨーロッパランキング1位と、ヨーロッパの中では有数の野球大国です。通常2年おきに開催されるヨーロッパ野球選手権大会(European Baseball Championship)では、最多の22回の優勝回数を誇っています。今年の大会は東京オリンピックの予選を兼ねているため、通常よりも一年遅れて開催され、9月の7日〜15日にドイツのボン、ゾーリンゲンで開催される予定です。オランダからだと、車で数時間で着きます。余裕があって興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

World Baseball Classic (WBC) でもオランダ代表は好成績を収めています。2017年の大会では、一次、二次ラウンドを突破し、決勝ラウンド (準決勝) まで進んでいます。

オランダ代表のメンバーにはオランダ本土ではなく中央アメリカにある自治領、キュラソー出身の選手がたくさん選ばれています。選手の多くはオランダ以外で活躍しており、現在MLB (Major League Baseball) には6名が選手登録されており、NPB (日本野球機構) には、バンデンハーク(ソフトバンク) とバレンティン (ヤクルト) の2選手が登録されています。

試合後のオランダ代表選手たち

次回からは、日本の「野球」とオランダの “Honkbal” の違いについて、自身の経験を元にいろいろな観点から説明、解説をしていこうと思います。